どこで?編 ペットショップのメリット・デメリット | 仔犬初心者、今から、これから

 

トップページへサイトマップへ

 

前置きが長くなったので、サクッといくよ!

 

〜メリット〜
その1.常時ある程度の種類、頭数がいる
    特に「インショップ型」店舗の場合、商業施設本体から補充するよう圧力がある。
その2.実際に見ることができる
    写真・動画では分からない、細かな部分も観察できる。
その3.その場で商品のセレクトができる
    買う・買わないは別として、商品の使い方などその場でわかる。
その4.飼い方の説明の時間を長めに設けている
    専門店の一番の強み。
その5.アフターフォロー
    ペットショップは生活全般の広く浅い専門家。
その6.価格が明示されている
    ただし、お店によって表示の仕方はマチマチ。
    結論を出す前に「全部でいくら?」と尋ねたほうが良い。
その7.看板をあげている
    お店を構えている以上、責任もある。

その8.支払方法が選べる
    現金、クレジット、お店によっては無金利ローンなどがある。

 

 

インターネットや、ブリーダーさんと逆の内容だね。


 

そりゃそうだよ!
いわばライバル関係にあるんだから。
自分たちにしかできないことで、どうやったらお客さんのプラスになるかを考えてるわけだからね。

 

他と比べて弱みになるのが、

 

〜デメリット〜
その1.高い
    健康管理・設備・人件費などの経費が価格に反映されている。
その2.見た目に影響される
    店構えが立派だと、中身も立派に思える。
その3.スタッフの技量に差がある
    出店ペースが速いお店や、経営状況が危ういお店はスタッフの入れ替わりが激しい。
その4.両親の情報が少ない
    自家繁殖でない限り通常見ることはできない。
その5.トラブル時に対応が事務的になりがち
    特にお店が大きくなればなるほど顕著。
その6.仔犬価格+α
    消費税、ワクチン代は別料金のことが多い。
    さらにペット保険・マイクロチップ・健康診断などが自動的に加算されるお店もあります。
その7.見てるだけ、を許してくれない
    洋服屋さんと一緒です。

 


 

これで、譲渡と販売の説明を終わるけど、最後に一つ。

 

ここで改めて言うまでもないけど、皆さん、情報収集のツールとしてインターネットを活用すると思うんです。
それ自体全然いいんですけど、すぐに「良い情報は自作自演、悪い情報こそ信頼に足る」って結論を出さずに、
実際にコンタクトを取ってご自身で判断してみてください。

 

何が正解かなんて、人それぞれですからね。

 

 

続きを読む


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

どこで?編 譲ってください
これからお話しするのは、譲渡について。今からでも馴れるの?メリット・デメリットってある?の疑問にお答えします。
どこで?編 インターネット
子犬の初心者が情報を集めるのは、まずインターネットから始めることがほとんど。でもそのまま決めてしまうのは不安っていうのが本音。いい点・悪い点の参考にしてみてください。
どこで?編 ブリーダーってどんなヒト?
子犬を飼おうって決めるまでは、ブリーダーってどんな人達かなんて興味もなかったのでは?そんな未知なる人種を解説してみます。ブリーダーとは?
どこで?編 ブリーダーのメリット・デメリット
ブリーダーも悪い点ばっかりじゃなくって、いい点もいっぱいあるんです。子犬初心者にとっては、不安が多いとは思います。ブリーダーで選ぶメリット・デメリットについてのお話です。
どこで?編 ペットショップに行ってみよう
子犬初心者にとって、一番身近にあるのがペットショップ。今回は、ペットショップについて簡単に解説してみます。生き物を売買するお店なので、賛否はありますが… お店探しの参考に。

ホーム RSS購読 サイトマップ