どこで?編 ブリーダーってどんなヒト? | 仔犬初心者、今から、これから

 

トップページへサイトマップへ

 

そもそも、「私ブリーダーです」っヒトに会ったことってある?
探して目指して初めて出会える、結構レアな人たちだと思うんだけど。

 

テレビなんかではモザイク越しに見ることが多いから、どうしても「悪徳」の印象が強いですよね。
そんなヤツらはレア中のレアキャラ。
ニュースになってる時点で、アレはブリーダーじゃなくてただの犯罪者ですから。

 

僕が知っているブリーダー像って、
「農家のおじちゃん、おばちゃん」なんですね。

 

特徴を言うと、
・田舎に住んでて(鳴き声で近所に迷惑がかからないように)、
・ほとんど女性で(と言っても割と年配)、
・暇なし(生き物相手の仕事だからね)。
・高いプロ意識を持ち(というより生活そのもの)、
・兼業(旦那さんは普通に会社員だったりします)、
・仕事の上で、一般の人たちとの接点が少なく(農家から直接お米や野菜を買うことが少ないように)
・普段着は、モンペとヤッケ(実に効率的)。
で、今の一番の悩みは、後継者。

 

総合すると、素朴で良心的な人々だ、っていえます。


 

ホント、ウチの田舎のバアチャンそのまんまだ〜。
なんかイメージ、ちょっと変わったぞ。

 

よくよく考えてみると、普通の田舎のバアチャンの生活がテレビで特集されるわけないもんね。
ダマされたー。


 

うん。
でも、ダマすつもりなんてないだろうけど、警鐘を鳴らすって意味で極端な作りにしてるんじゃないかな?
そのおかげで、世間的にはブリーダー全体が悪いイメージになっちゃってるよね。

 

じゃあ、話を戻すね。
その「普通の田舎のバアチャン」であるブリーダーの仕事はというと、
ブリーディング(交配・出産)をして、ペット、この場合だと仔犬を流通させること。

 

なんですが…、
個人で経営しているブリーダーの規模では、お産はそんな毎日あるわけではなく、
日々の仕事は親犬の食事やトイレといった日常の管理がメインです。まあ、作業が中心の地味な職業ですね。
いざお産となると、母犬につきっきり。
小型犬は難産になるケースも多いので、帝王切開に備えて、徹夜になることもしばしばなんだ。

 

それでも、一回のお産で、ン十万の儲けなら濡れ手で粟じゃないか、と思うかもしれませんが
そんな甘いハナシでもないんです。
生理の周期が4〜6カ月なので、母犬1頭当たり年間にお産できる回数は、多くて2回。
サラリーマンと同じように毎月固定収入を得ようと思えば、当然多数の母犬を飼育しなくてはならないし、
飼育にかかる費用は頭数分増えていく計算になります。
数が増えれば作業も増えるし、それを補おうと思えば人件費。合理化できることは限られてるし…。


 

分かった!
だから、食事をあげなかったり掃除しなかったり、檻に閉じ込めっぱなしにしてるんだ。

 

ム、ム、許せない!


 

ちょっと待って、待って。
結論を急がないでよ。
確かに、そういう輩もいることはいるよ。
絵にかいたようなゲス、下品が服着て歩いてるような半ヨゴレがね。

 

でもさ、考えてごらんよ。
普通の田舎のバアチャンがさ、
さっきうりちゃんが言ったように、食事をあげなかったり掃除しなかったり、
檻に閉じ込めっぱなしにすると思う?

 

合理化できることは限られてるし…。
のあとに言いたかったのはね、
お金が足りないときは、自分の食費を削ってでも運営してるってこと。
で、なんで自分の生活を切り売りしてまでブリーダーをやってるかっていうと、
好きだから。
楽しいから。
かわいい仔を産ませてあげたいから。
なんだって。

 

これで、ブリーダーってどんな人たちか分かったかな?


 

うん!

 

でもね、実はもう一つあってね。
なんていうか、その、いい人たちだってことはわかったんだけど…

 

あのー、ちょっと、ペットショップとかと比べて、ちょっと不潔っていうかきたないっていうか、管理的にはどうなのかなって。ゴニョゴニョ(ノ´Д(*´∀`)


 

ああ、確かにそのこともよく言われるね。

 

ブリーダーの設備は、汚い・不潔じゃなくて、ボロい・古いなんです。
これは、単純に見た目の問題。

 

だって、病気が蔓延したら、イヌたちだけじゃなくって自分も困る。
一般の方々が思っている以上に衛生管理には神経を使っています。

 

‘施設への立ち入りお断り’って書いてあると、管理状況が悪くて見せられないんじゃない?と思われがちですが、
外からの病気を持ち込んでほしくないから、が一番の理由です。
「あなたがバイ菌だらけだから入らないでください」とは、なかなか言えないですもんね。

 

それと、あんまり知られてないけど、
・適切な食事、清掃をすること。
・運動・日光浴すすること。
・温度管理をすること。
っていうのは、法律で決まってるんだよ。
フツーの人って、法律は守るもんでしょ?

 

 

へ〜、知らなかった〜。 ちょっと誤解してたかも…。


ちょっとでも誤解が解けてうれしいよ。


 

あと、ここまで特に触れてこなかったけど、一言でブリーダーといっても
・ドッグショー(品評会)で活躍する犬を作出するブリーダーと、
・使役犬(盲導犬・警察犬・猟犬など)のブリーダーと、
・ペットとして繁殖をするブリーダー、
などがいます。
上2つのブリーダーは、ほとんどペットとしての目的で繁殖してませんので、また別の機会に。
ここでお話ししてきたのは、3番目のブリーダー。
特に、ある特定の犬種、例えばチワワ中心に繁殖している場合は、「チワワ専門犬舎」といった呼び方をしています。
「もう、この犬種しか目に入りません!」って方は、“専門犬舎”ってキーワードで検索するといいですね。

 

 

続きを読む


 

関連ページ

どこで?編 譲ってください
これからお話しするのは、譲渡について。今からでも馴れるの?メリット・デメリットってある?の疑問にお答えします。
どこで?編 インターネット
子犬の初心者が情報を集めるのは、まずインターネットから始めることがほとんど。でもそのまま決めてしまうのは不安っていうのが本音。いい点・悪い点の参考にしてみてください。
どこで?編 ブリーダーのメリット・デメリット
ブリーダーも悪い点ばっかりじゃなくって、いい点もいっぱいあるんです。子犬初心者にとっては、不安が多いとは思います。ブリーダーで選ぶメリット・デメリットについてのお話です。
どこで?編 ペットショップに行ってみよう
子犬初心者にとって、一番身近にあるのがペットショップ。今回は、ペットショップについて簡単に解説してみます。生き物を売買するお店なので、賛否はありますが… お店探しの参考に。
どこで?編 ペットショップのメリット・デメリット
ペットショップの良い点・悪い点を挙げてみました。子犬初心者に大切なのは、悩むこと。自分と、子犬のためにたくさん悩んでください。

ホーム RSS購読 サイトマップ