どこで?編 ブリーダーのメリット・デメリット | 仔犬初心者、今から、これから

 

トップページへサイトマップへ

 

それじゃあ、ブリーダーで購入するメリット・デメリットを挙げていくね。

 

メリット
その1.若い
    ペットショップに渡す前に見れる。
    極端な例でいうと、生まれたその日に予約出来たりします。
その2.選べる
    同じお母さんから生まれた兄弟の中から、選べる。
その3.安い
    ペットショップよりも安い。
その4.両親を見れる
    少なくとも母犬は見れます。
その5.価格交渉
    仲良くなれば、の条件付きですけど。
その6.繁殖
    もし将来的に子供を持たせたい場合は、相談に乗ってくれるかも。
その7.環境の変化が一回
    ペットショップ、卸業者などを経ないで、まっすぐ飼い主さん宅へ。

 

ざっとこれくらいかな。
また思いついたら、その都度追加するね。

 

 

私の場合、
その2.とその3.は、とくに魅力的だな。


 

続けて、デメリット。

 

デメリット
その1.犬種の選択肢が少ない
    そんなに多くの犬種をそもそも持っていない。
その2.0頭のときがある
    ペットショップに、一気に全部渡すことも多々ある。
    そんな時は、大体知り合いを紹介してくれるとは思いますけど。
その3.アフターサービスは基本的になし
    後は知らんぷりってことはないけど、ペットショップほど親切ではない。
その4.商品の取り扱いはほぼない
    飼い始めの時に必要なグッズは、
    ネットなりペットショップなりで別に買い揃えなくてはならない。
その5.価格があいまい
    プライスカードは、ないことも多いです。
    「う〜ん、じゃ10万円」って言われ方したらちょっと不安。
その6.飼い方などの説明はザックリ
    そこまで詳しくはしないし、しつこく聞くとめんどくさがることもたまにあります。

その7.たまにこだわりが強すぎる時もある
    飼い方について干渉してくるブリーダーもいます。 
    いつまでも「ウチの子」感を出してくることも。

 

などなど。

 


 

いろいろ聞きたいけど、その分安いからってやっぱり遠慮しちゃいそう。
それに、「今いませんって」ってパターンがあるってちょっと衝撃。

 

言われてみれば、当然なんだけど。
いいことばっかりじゃないなあ。


 

そしたら最後に、注意点を。

 

価格があいまいな分、トラブルが起こりやすいので、領収書はきちんともらっておいたほうがいいと思います。
価格表示がない場合は、「消費税」や「血統書代」や「ワクチン代」はどうなっているのかを確認すること。
後から請求が来るなんてこともありますよ。
一番いいのは、お金を払う前に「全部でいくらですか?」ってたずねることですね。

 

それと、あまり積極的には飼い方の説明をしないことが多いので、聞きたいことは箇条書きにしておくと便利です。
ダラダラと長くならなければ、質問にはきちんと答えてくれると思います。


 

あっ、最後に大事なこと!
「絵にかいたようなゲス、下品が服着て歩いてるような半ヨゴレ」の悪徳ブリーダーにひっかからないようにはどうすればいいの?


 

あ、それは簡単。

 

なんの話でもいいから、15分くらい会話してみて。
まともじゃない人はね普通のフリしてても、15分のあいだに「まともじゃないキーワード」がいっぱい出てくるから。

 

 

続きを読む


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

どこで?編 譲ってください
これからお話しするのは、譲渡について。今からでも馴れるの?メリット・デメリットってある?の疑問にお答えします。
どこで?編 インターネット
子犬の初心者が情報を集めるのは、まずインターネットから始めることがほとんど。でもそのまま決めてしまうのは不安っていうのが本音。いい点・悪い点の参考にしてみてください。
どこで?編 ブリーダーってどんなヒト?
子犬を飼おうって決めるまでは、ブリーダーってどんな人達かなんて興味もなかったのでは?そんな未知なる人種を解説してみます。ブリーダーとは?
どこで?編 ペットショップに行ってみよう
子犬初心者にとって、一番身近にあるのがペットショップ。今回は、ペットショップについて簡単に解説してみます。生き物を売買するお店なので、賛否はありますが… お店探しの参考に。
どこで?編 ペットショップのメリット・デメリット
ペットショップの良い点・悪い点を挙げてみました。子犬初心者に大切なのは、悩むこと。自分と、子犬のためにたくさん悩んでください。

ホーム RSS購読 サイトマップ