どこで?編 インターネット | 仔犬初心者、今から、これから

 

トップページへサイトマップへ

 

インターネットで仔犬を販売してる業者は、大まかに
1.ブリーダー
2.ペットショップ
3.中間業者
に分けられます。

 

普段は、ほとんど一般の方とは接点がない中間業者が参入しているのが、インターネット通販の特殊な点ですね。

 

中間業者とは、簡単に言うと「紹介屋さん」。売り手と買い手をつないでくれる役割を担ってくれてます。
会社組織で運営している場合もあるし、顔の広いブリーダーやフリーランスでしている人もいます。

 

実店舗が無く(または見えづらく)匿名性が高いので、消費者としては、何となく不安だったりうさん臭く感じてしまいますよね。

 

実は、それがインターネット販売業者の大きな悩みなんです。

 

僕が今まで出会った業者さんは、いわゆる「フツー」の人たち。
それも、わりとマメで面倒見のいい人が多い気がしました。

 

 

私も、普通にネットショッピングはするけど、同じようにウチまで連れてきてくれるのかな?
代金引換?クレジット決済?


細かなことは、それぞれ違うから一つ一つ確認しないとわからないよ。
まずは、電話で問い合わせるといいよ。
会話のなかで、その人となりが結構わかるからね。


 

じゃ、続けてメリット・デメリットについて。

 

〜メリット〜
その1.選択肢が多い
    ペットショップでは見かけない犬種が数多くいる。
その2.時間の制約がない
    ペットショップはPM8時以降の展示が禁止されてます。
    その点、サイトの閲覧は24時間いつでもOK。
その3.自宅でゆっくり選べる
    そのうえ、全国の店舗を何件も見て回れる。
その4.相場を知ることができる
    参考程度に、ですけど。

 

 

続けて、デメリット。

 

デメリット
その1.突然サイトが閉鎖されることがある
    実例です。
その2.情報量が多すぎてかえって迷う
    情報は量より質。

 

ネット通販は、まだまだ成熟してないし賛否も多々あるけど、今までだったら無かったかもしれない出会いの場が増えたことは事実。
悪い面だけ見て、良い面をを見逃さないでね。

 

最後に、「1回は、販売者と購入者が直接会って説明と現物確認」をすることが法律で義務付けられてるので、そのことはアタマに入れておいてね。

 

 

続きを読む


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

どこで?編 譲ってください
これからお話しするのは、譲渡について。今からでも馴れるの?メリット・デメリットってある?の疑問にお答えします。
どこで?編 ブリーダーってどんなヒト?
子犬を飼おうって決めるまでは、ブリーダーってどんな人達かなんて興味もなかったのでは?そんな未知なる人種を解説してみます。ブリーダーとは?
どこで?編 ブリーダーのメリット・デメリット
ブリーダーも悪い点ばっかりじゃなくって、いい点もいっぱいあるんです。子犬初心者にとっては、不安が多いとは思います。ブリーダーで選ぶメリット・デメリットについてのお話です。
どこで?編 ペットショップに行ってみよう
子犬初心者にとって、一番身近にあるのがペットショップ。今回は、ペットショップについて簡単に解説してみます。生き物を売買するお店なので、賛否はありますが… お店探しの参考に。
どこで?編 ペットショップのメリット・デメリット
ペットショップの良い点・悪い点を挙げてみました。子犬初心者に大切なのは、悩むこと。自分と、子犬のためにたくさん悩んでください。

ホーム RSS購読 サイトマップ