トイレって… なに? | 仔犬初心者、今から、これから

 

トップページへサイトマップへ

 

今回は室内犬ならではの必需品、トイレについてのお話です。
置いとくだけじゃ解決しない、けど買わなきゃ始まらない、それがトイレ。
しつけ的な話をする前に、そもそも‘どんなもの’で‘どんなものを準備すればいいのか’にフォーカスしていきます。

 

犬用のトイレっていうのはプラスチック製の「トイレトレー」と紙製の「トイレシーツ」の2つで構成されています。
トイレシーツっていうのは、簡単に言うと紙おむつの平べったいバージョン。液体を素早く吸収して外に漏らさない仕組みになってます。
本来ならこのトイレシーツだけでトイレとしての役割を果たしてしまうんですけど、ご存知のように犬は紙で遊ぶのが大好き。トイレシーツなんて恰好の標的になります。
そこで、トイレシーツがあっちこっちに動かしたり破かないように留めておくトイレトレーも必要になってくるってわけです。

 

 

あ〜、紙おむつの「しっかりギャザー」的なことね。


 

そう、そう。
一般的なトイレトレーは平たい長方形、額縁や写真立てのようなつくりものをイメージしてもらえるといいです。
子犬用、足を上げてオシッコをする男の子用、などいくつかパターンはあるんですけど、中のトイレシーツを破かないようにメッシュのフタが付いたものを選ぶのがベスト。
ボンビアルコン (Bonbi) しつけるトレー メッシュプラス S ブラウン
たま〜にトイレシーツに興味を持たないこともありますけど、仔犬のころはみんなイタズラって思っていいですね。

 

サイズ展開は、30cm×45cmのレギュラーサイズと45cm×60cmのワイドサイズが一般的。
30cm×30cmの仔犬用や60cm×90cmのスーパーワイドサイズもあるけど、用途はかなり限定的になるからここでは考慮に入れなくてもいいかなって思います。
特に仔犬用は「仔犬なんだから仔犬用♪」って選んだりするんですけど、的が小さい分失敗も多くなるしカラダはすぐ大きくなるし、そもそも替えのトイレシーツがあまり売ってないので、結局無駄になりがち。
5kgくらいならレギュラーサイズ、10kgまでならワイドサイズで、成犬になってもそのまま使えると思います。

 

ちなみに実際のサイズ感でいうと、スーパーワイドが新聞紙の全面、ワイドサイズが半分のテレビ欄1面、レギュラーサイズがさらにその半分(配達時にきっちり折られてるサイズ)。
先に紹介した一般的なサークル(90cm×60cm)に実際入れてみると、レギュラーサイズが床面のだいたい半分を占めるくらいです。

 

 

プードル、ダックス、チワワあたりだと90cm×60cmのサークルに30cm×45cmのレギュラートイレってことね。
ん?計算合わない。45cm×60cmのワイドサイズがだいたい半分だと思うけど…


 

間違いじゃないよ。サークルのサイズ表示は一番外側が基準になってるから、柵の内側は一回り小さく見積もらないといけないんだ。
だからワイドサイズだと、ギリギリ横向きに入らないんだよね。サークルをちょっと大きくするかワイドのトイレがちょこっと小さければいいのにって思うんですけどね。

 

トイレトレーは、見合ったサイズとメッシュのふたツキを選ぶのがポイント。
あとは、ホントに細かい差しかないから、色とか見た目で選んでいいかな。


 

 

トイレトレーはこのくらいにして、中身のトイレシーツについて話していくよ。

 

トイレシーツは、トレーと違って使い捨て。毎日のことだからなるべく安く済ませたいところだよね。
お値段的には、これが結構ピンキリ。
レギュラーサイズが約100枚入りで安いもので¥500前後、高いのは¥2000〜¥3000くらいかな。ワイドサイズだと同じ値段で枚数半分。
破れにくい素材だったりしつけ用だったり裏面も吸収するものだったり特殊な消臭効果をうたったり、と付加価値がついてるものが高いです。
ただ、その付加価値も価格ほど効果が実感できないんで、結局トイレシーツを選ぶポイントってオシッコをどれだけしっかり吸い込むかどうか、に落ち着くんです。

 

 

どうせメッシュのフタもあるんだし、消臭剤は別で買うつもりだったしね。そもそもしっかり吸収してくれればニオイも少ないか。


 

吸い込むトイレシーツの見分け方かカンタン。おもくて大きいのを選べばいいだけ。いっぱい吸収ポリマーが入ってればどうしても分厚くて重くなるからね。
大体レギュラーサイズが約100枚入りで¥1500前後の商品が一番使い勝手がいいと思います。
デオシート しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー 112枚
安いのは薄いからお出かけ用、高いのはこだわりたい人、普段使いは¥1500のシーツって使い分けるのもアリかもね。

 

で、こればっかりはペットショップで買うよりネットやホームセンター,スーパーマーケットで買った方がお得だよ。

 

 

続きを読む


関連ページ

サークルっているのかな?
ここでお話しするのは、子犬にとってサークルがいかに大事かってこと。とくに、子犬初心者の方に勘違いされがちなアイテムなので、少しでも誤解が解けるといいなって思います。
育ちざかりは食べざかり!
子犬を飼い始めたその日から、どのドッグフードを選べばいいのかは子犬初心者の方の悩みの種。条件を絞り込んで、ベストなアイテムを探す方法をお話ししたいと思います。
実は楽しい食器選び♪
今回は、子犬の食器と水飲み器についてのお話です。ここは、あんまり難しく考えなくて楽しく選べばいいかなって思うんですが、一応参考までに。
あったら便利の1軍半たち
子犬を飼い始めたら、ホントは買い揃えてほしいんです。でも予算が…ってときにやむなく削るならコレかな?っていうベッド・ヒーター・おもちゃについてのお話です。
いつかは必要の2軍たち
子犬を飼い始めたのはいいけど、最初から買い揃えるべきなの?それとも必要になってから?ペットショップでは勧められたけど…、についてのお話です。金銭感覚の狂いは、思わぬ出費になるかも?
ペットの保険は必要?
ペットの保険ってナニ?生命保険?損害保険?それとも健康保険?保険についての???子犬を飼い始めたらみんな気になるペット保険について分かりやすく説明します。
おカネにまつわるエトセトラ 値段の差ってナニ?
子犬初心者が、まず戸惑うのはあまりの値段の差じゃないかって思います。高い=良い、安い=ワルイとは限らないんです。子犬の良し悪しを決めるのは、飼主さんです。
おカネにまつわるエトセトラ ラ〜ンニングコスト
子犬を飼育するうえで、避けては通れないおカネの問題。おカネっていったい1カ月でいくらくらいかかるものなの?フツーの子犬の飼育にかかる費用をまとめてみました。
おカネにまつわるエトセトラ 広告通りにはいかないゾ
子犬を探すときってインターネット?チラシはまだまだ情報源として現役です。ただし、鵜呑みにするのはちょっと要注意。上手に使ってカシコく子犬を探しましょう。
おカネにまつわるエトセトラ 値切り交渉術
子犬の飼い始めって、何かと物入り。少しでもおカネを浮かせて、その分ほかのアイテム代にまわしたいですよね。それが自分と子犬のため!

ホーム RSS購読 サイトマップ