仔犬のしつけ かみつくのは仕方ない? | 仔犬初心者、今から、これから

 

トップページへサイトマップへ

 

イヌの「口を使う」行動で、「呼吸」,「食事」っていうのがあるよね。
これらは僕らヒトと一緒だし困ることって無いと思います。
それと、イヌは手のひらがヒトと同じように使えないので「咥える」(物を運ぶ)っていうのもあります。
まあ、これも特に気にすることって無いでしょう。

 

問題は、「イタズラ」(甘噛み・かじる)と「噛みつき」(攻撃)ですよね。
さて、これを防ぐにはどうしたもんかと…

 

 

どうせ、また例のパターンでしょ。
お得意の「ホットケ、ムシシロ」作戦。


 

あはは。
だいぶ僕のやり口が分かってるみたいだね。

 

このサイトのテーマは「転ばぬ先の杖」。
失敗してしまったことをリカバリするんじゃなくて失敗しない方法を考える、が基本的なスタンスだからね。

 

 

「噛みつき」(攻撃)については、ここでも「ホットケ、ムシシロ」作戦を発動するよ。

 

イヌっていうのは、攻撃対象がハッキリしててね、「部下」か「敵」のどちらかなんだよ。
それを逆手に取ると、攻撃されないためには「部下」か「敵」にならなければいいってこと。
単純でしょ?
一緒に生活をしてれば勝手に仲間と認識するし、要求を聞かなければ「部下」にはならなくて済むし。
「噛みつき」については、これで解決するはずだよ。

 

「イタズラ」(甘噛み・かじる)についても、基本的には一緒。
掃除してる手にジャレついてきたり、ズボンのスソに噛みついてきたりしても、ほっとけばそのうち飽きる。

 

そもそも、何が楽しくってイタズラしてるんだと思う?

 

リアクションなんだよ。自分の行動に、結果が出るから楽しいしやりがいがある。
椅子の足をかじった → 砕けた → 楽しい
ティッシュを引っ張り出す → 散らかる → 楽しい
ベッドを破く → 中身が出てきた! → 楽しい
飼い主さんの手を甘噛みする → 痛がる・声が出る・なんか怒ってる → チョー楽しい
ね。

 

あのさ、小学生のころピンポンダッシュってイタズラしなかった?
あれって、ピンポン押して出てきた人が怒ったり困ったりしてるのを陰からコソコソ見るのが楽しいじゃん。
それとおんなじ理屈で楽しんでるんだよ。
だって、留守ってわかってたら面白くないからやらないでしょ?
だから、甘噛みしてきても、知らん顔してほっとけば「なんだ、つまんねー」って思ってやめるよ。

 

 

当たり前に言ってるけど、ワタシはピンポンダッシュなんかしたことないよ!


 

あ、そう?
誰でも通る道じゃなかったのか…

 

まあ、それは置いといて。
ただ、大事なものとか家具なんかの場合だと「ほっとけばいいや」ってわけにはいかないよね。
飲み込んだらヤバいとか、口の中を怪我することだってあるし。
それにさ、さっきはほっとけばいいって言ったけど、中には飽きもせずリアクションが起きるまでしつこく甘噛みしてくるのもいるんだよね。

 

「ホットケ、ムシシロ」作戦も万能ってわけじゃないんだ。


 

別の方法か〜。

 

いよいよ‘しつけ’っぽく褒めたり叱ったりする?
コツとかテクニックをつかっちゃう?


 

そうねえ。
一番効果的で合理的なのは、母犬や兄弟犬の間でやってる教育方法だと思うんだよね、やっぱり。
それは、‘間髪入れない鉄拳制裁’。=‘すぐに痛い目にあう’

 

まあ、ムリだけど。
「すぐ」っていうのは、ほぼ条件反射並みのスピード。長くて2〜3秒以内。
その上、痛みを与えるにしても、「どこにどれくらいの強さで」が分からないだろうし。
だから上手に叱るのって、難しいって言われてるんだ。

 

この一連の動作は、まさに動物的な動き。ヒトにはなかなか真似できないよね。

 

 

動物以下…


 

だったら、アタマを使いましょ。

 

まずは、簡単なところからね。
手(口)の届くところに、モノを置かないこと。それと、目を離さないこと。
乳幼児のいるおウチでは当たり前にやってることですよね。
ゴミ箱、本、財布などは恰好の標的。
イタズラは必ずするもんだ、という前提で考えておきましょう。

 

でも、気を付けてもどうにもならない部分があるのも事実。
例えば、家具の足・カベ・柱など動かしよう・片付けようがないモノ。

 

じゃあどうすれば被害を避けられるのか?
これらは動かせないんだから、近づかないようにすればいいってことなんだけど…

 

 

サークルから出さない or 近づいたら困る場所をサークルで囲む?


 

まあ、一つの手だけど、現実的にはムリでしょ?

 

それに、その方法だと「噛めない」だけで「噛まない」じゃない。
「あの場所を噛みたい!」って欲求が無くなったわけじゃないから、根本的な解決にはなってないよね。
「近寄れない」じゃなくて「近寄りたくない」と自分から思うように誘導してあげることがキモになるんだ。

 

で、単純だけど、「噛んでほしくないところに嫌いな味・においをつけておく」が一番オーソドックスで効果的なんだ。

 

イヌの味覚って、ヒトの子供と似ていてけっこう単純で、甘い・しょっぱいが好きで、辛い・スッパイ・苦いが嫌い。
だから、イタズラされたくない柱や家具の脚に「お酢」や「カラシ」を薄めたものを塗っておけばOK。
近寄らないし、勇気を出してかじったとしても「マズっ!」「イヤっ!」ってなるから見てないところでも勝手に教育されてるってワケ。

 

応用編で、手に噛みついてくる仔には、あらかじめ手にお酢を塗っといてわざと噛ませるっていうのもいい方法だと思うよ。

 

まあ、個人的にはやったことないけど。

 

 

なんでなんで?


 

だって、へやクサくなりそうじゃん?
噛みつき防止の商品、売ってるし。

 

ビターアップル (Bitter Apple) スプレー 236ml(8oz)
トーラス 強力いたずら防止スプレー カジリノン100
とかね。

 

家にあるものを使うのは、手軽だしお金もかからないからいいとは思うけど。


 

なんか、しつけってワタシも勉強しながら、だんだん技術を身に付けてくモノって思ってたんだけど…
簡単に道具に頼ってていいのかな?

 

ラクすることに罪悪感があるのってワタシだけ?
しっぺ返しとかない?


 

そりゃ、プロの考え方。

 

火のおこしかたマスターしてないのに、ライター使うのはちょっと…って言ってるようなもんだよ。
便利なものはどんどん使って、余った時間を有意義に使った方が楽しいよ。

 

モチロンしっぺ返しなんかないしね。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

食事ってどうすればいいの?
子犬初心者にとっては、食事一つとってもわからないことだらけ。ドッグフードがイイの?それとも子犬だからミルク?飼い始めてしばらくの「食事の疑問」にお答えします。
仔犬のしつけ まず初めに
子犬のしつけのキモは飼い始めにあり!? しつけってコツや手順、テクニックよりも大事なことがあるんです。子犬初心者さん、最初が肝心ですよ。
仔犬のしつけ お願い!吠えないで
吠えるのは子犬の間は仕方ない?しつけでどうにかならないの?飼い始めに気を付ければ吠えるのは防げますよ。子犬初心者さんが失敗しないために吠える仕組みを覚えましょう。
仔犬のしつけ トイレ編
子犬、それも小型犬のしつけといえばトイレ。子犬初心者さんの第一関門、それがトイレトレーニング。理屈を理解して手順さえ守れば、カンタンに成功するメソッドを伝授します。

ホーム RSS購読 サイトマップ